斎藤一役
鳥海浩輔さん

質問:収録のご感想をお聞かせください。

これだけしっかり収録したのは『薄桜鬼 真改』では久しぶりだったので、斎藤さんを堪能することができました(笑)。
新作なのでもちろん新しいセリフもあるんですけれど、ちょっと懐かしいセリフもところどころあったりして、「ああ、そういえばこれ言ったんだよなあ」と想いながら演じました。
同じ台詞、シチュエーションではあるんですけれども、初代から10年経った今、またちょっといい意味で違うように聴こえるかもしれません。

質問:ファンにメッセージをお願いします。

シリーズが始まってから本当に長い間応援していただいていて、新たに好きになってくださる方たちもたくさんいらっしゃると思うんです。
これだけ長くずっと新作を出し続けられるゲームって、なかなかないと思うんですよ。前代未聞だと思っています。
我々はそのぶん年を取りましたけれども、作品への想いがずっと続いているから長く続けることができていますし、皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも『薄桜鬼 真改』とキャラクターを愛していただければと思いますので、引き続きよろしくお願いしたします。

藤堂平助役
吉野裕行さん

質問:収録のご感想をお聞かせください。

平助を演じるのは久しぶりだったので、『薄桜鬼 真改』本編の頃の……と言いますか、そのままの平助でちゃんとお送りできていたらいいなと思いながら、収録させていただきました。

質問:ファンにメッセージをお願いします。

『薄桜鬼 真改』シリーズを楽しみにしてくださっているファンの方に、本作を楽しんでいただきたいです。
今回は平助も攻略キャラクターに入っているので、それを含めて楽しんでいただければと思います。

原田左之助役
遊佐浩二さん

質問:収録のご感想をお聞かせください。

10年以上関わってきている作品ですし、定期的に収録する機会があったりもするので、収録はスムーズでした。
前作の『月影ノ抄』には原田のルートがなかったので、かっこいいシーンもあまりなかったのですが、今回はみっちり会話しています。
『薄桜鬼 真改』本編と比べると、断片的なエピソードが多いのですが、まだ千鶴とそこまで距離を縮めていない時系列のエピソードもあったりして、演じていてもどこか懐かしかったです。

質問:ファンにメッセージをお願いします。

今回、会話をするキャラクターはそこまで多くないので、千鶴とのシーンがいちばん印象的でした。いろんなバリエーションがあるので、おそらく楽しんで頂けるのではないかと。詳しくはネタバレになってしまうので言えませんが、本編のさらにその先のエピソードもありますのでご期待ください。
さらに、とあるキャラクターも登場します! 僕自身も驚いたので、みなさんにも「え!? こんなシーンがあったの!」と驚いて頂けると思います。ぜひじっくりプレイしてみてください。

永倉新八役
坪井智浩さん

質問:収録のご感想をお聞かせください。

収録はさくさくと進みました。『薄桜鬼 真改』本編の時のような苦悩するシーンはあまりなくて、どちらかというと普段の新八が主だったので。
スッ……と(笑)、極端に作りこむこともなくいつも通り収録させていただきました。

質問:ファンにメッセージをお願いします。

本作では、新八らしい明るい部分がたくさん楽しめますので、新八ファンの方は期待していただきたいです。
新八に限らず、日常の出来事を補完するエピソードが各キャラクターにあります。
激しい戦いのシーンだけでなく、こんなこともあったんだっていう日常のシーンを楽しんでいただけたらと思います。

相馬主計役
梶裕貴さん

質問:収録のご感想をお聞かせください。

『薄桜鬼』シリーズは、乙女ゲームでは珍しい、史実に基づいた骨太な物語が展開する作品。久しぶりの収録だったこともあり、「ああ、この世界観に帰ってきたんだな」と感慨深くなりました。
今回は『薄桜鬼 真改』本編の物語を補完するエピソードが中心でした。相馬主計の人生を様々な角度から演じることができてうれしかったですね。
新たに描かれた結末も、彼らの幸せな未来を感じさせるエピソードだったので、とても穏やかな気持ちで終えることができました。
相馬くんは最後の新選組局長として、新選組であり続ける人。近藤さんが貫いた士道や武士であるという誇りを真正面から受け継ぎ、残していこうとする生き方は、とても新選組らしく格好よかったです。
途中から入隊した立場ではありましたが、全てを背負う覚悟と決意が、彼のなかではとても大きいんです。真っ直ぐで男気に溢れていて、演じていてもとても気持ちのいいキャラクターでした。

質問:ファンにメッセージをお願いします。

新選組、そして相馬主計というひとりの人間のドラマを、最後までなぞらせて頂けたような気がしています。光栄です。なぜ新選組がこんなにも魅力的かというと…それは、芯のブレない圧倒的な求心力を持ちつつ、同時に、人間らしい儚さも兼ね備えているからだと思います。
発足してからずっとエネルギーに満ちて成長し続け、ときには諍いもありますが、それでも真っ直ぐに自分たちの目指す正義を貫こうとする。昇っていこうとする美しさがあるんです。
しかし…その勢いと同じ分だけ、悲しいかな、終わりに向かっていく速度もはやい。そこにはなんともいえない儚さがあるんですよね。
伝わり方や受け取る人によって、新選組の印象は大きく変わってくると思います。ただ、相馬くんが最後の局長として彼らの想いを残してくれたからこそ、新選組という武士たちの姿を、いまの時代もこうして感じることができますし、ゲームという形で触れることができるんですよね。
『薄桜鬼』を初期から触れられているみなさんにとって、特に本作は、とても感慨深いものがあるタイトルになっていると思います。
相馬くんの気持ちを…新撰組の想いを、自分の声を通して少しでもお届けできるように、心を込めてお芝居させて頂きました。ぜひプレイして頂けるとうれしいです。

坂本龍馬役
小野大輔さん

質問:収録のご感想をお聞かせください。

高知県出身ということもあり坂本龍馬役を任せていただく機会が増えて、とても光栄に思っているのですが『薄桜鬼 真改』の坂本龍馬は僕のなかで唯一無二の存在なんです。
人間としての器の大きさや、主人公への想い。色気やカリスマ性だったり、どこか憎めない魅力が全部詰め込まれているキャラクターだと思っています。
じつは抜けているところがある人間味も含めて『薄桜鬼 真改』の龍馬は演じていてとても楽しいです。
自分のなかでも、「こうありたい!」という理想の龍馬像に近づきたい一心で、こだわってしまう部分がありますね。
今回の収録もそんな想いを抱きながら臨ませていただきました。

質問:ファンにメッセージをお願いします。

僕自身、こうしてまた『薄桜鬼 真改』に触れることができてとてもうれしいです。
坂本龍馬は新選組の敵ですけれど、この国を良くしようとする思いは同じです。
真逆にいる坂本龍馬を知っていただくことによって、もしかしたらより新選組のことが好きになれるかもしれません。あわよくば坂本龍馬の事も好きになってくださったらうれしいなと思っておりますので、すべての『薄桜鬼 真改』ファンの方にぜひ龍馬ルートも楽しんでいただければ幸いです。