Special

レイン役高橋広樹 様

レインについて、本作ならではの魅力や演じる上で気をつけたところがあればお聞かせください。
以前に比べて、心の中のもやもやが態度に出にくくなったと思います。
態度に出さなくなったのは、財団で働くことの責任感ゆえだと思うので、そこは成長した部分かもしれませんね。
でも、一番変わったのは、アンジェリークのことを“アンジェ”と呼ばなくなったことです。
ニクスの言葉を借りるなら、「立派なレディになった彼女に対して、愛称で呼ぶなんて失礼」という 意識が働いているからなんですが、再会するまで離れていたので、態度もどこかよそよそしくてさみしかったです。
レインルートを中心に、見どころやお気に入りのシーンをお聞かせください。
彼が研究者であり、読書が好きなことがしっかりと描かれているところです。
彼は本の虫で、休暇があればずっと本を読んでいるという設定があるんです。
アニメでは描かれているのですが、ゲーム中ではなかなかそういうシーンがなくて。
改めてそういったシーンを演じてみて、設定を思い出しました。
変わってないなと思いましたし、アップルパイもまだ好きです(笑)。
大人にはなりましたが、変わらないところもあるので、 昔からファンという方にはそういったところにも注目して見てほしいです。
また、今回のストーリーのキモは“サブタイトル”に隠されていますので、 ぜひプレイして頂いて、どういうことなのか確かめてほしいです。
最後に、ファンへメッセージをお願いします。
まさか、あの結末の後を演じることができるなんて思ってもいなかったので、 演じられてうれしいですし、このうれしさがみなさんのところに届いたらいいなと思います。
とても深みのあるストーリーになっていますし、これまで攻略対象ではなかったキャラクターたちもついに攻略対象になりました。
この時点で、レインからすればライバルは増えましたが、新キャラクターも追加されます。
どのルートからでも構いませんが、ぜひレインのルートも攻略して、サブタイトルの謎を解き明かしてください。もうすぐ会えるよ!

ルネ役山口勝平 様

ルネについて、本作ならではの魅力や演じる上で気をつけたところがあればお聞かせください。
以前は、マティアスのこともあって、教団長をやらされている感がすごくあり、 だからこそ自分が教団長として前に出ることはあまりありませんでした。
ですが、今回はルネが教団長としてしっかり動いています。「僕は教団長として存在していよう」という 意思みたいなものが終始感じられたので、そこは大事に演じてあげられたらなと思いました。
ルネルートを中心に、見どころやお気に入りのシーンをお聞かせください。
教団長として、また開放派として活動していくなかで、色々なことに巻き込まれていきますが、 本編はもちろん、特典のCDのなかでもルネは開放派と遮断派について、自分が思うことをきちんと話しています。
開放派ではあるけれど、中立的というか、遮断派のことも理解したうえで皆に接していく。
開放派も遮断派も目指しているところは同じ、という思いでルネは動いているので、そういう意味ではかなり大人です。
それに、言葉の端々に彼の成長を感じるところが見どころでもあり、ポイントかなと思います。
とはいえ、マティアスが絡んでくると前作を思い出す部分もありますし……。
プレイする皆さんには、そういったところも含めてぜひ楽しんでもらいたいです。
最後に、ファンへメッセージをお願いします。
ゲームとしては11年ぶりのリリースになります。
続編まで間が空きましたが、作品を楽しみに待っていてくださる方がいるというのは本当に嬉しいことです。
今回はカミーユという新しいキャラクターが増えますし、今までとは違う形での楽しみ方ができると思いますので、 ぜひプレイして、感想を聞かせていただけると嬉しいです。

ベルナール役平川大輔 様

ベルナールについて、本作ならではの魅力や演じる上で気をつけたところがあればお聞かせください。
僕の実年齢が最初にベルナールを演じたときからだいぶ上がってしまい、僕と彼との間に年齢的な差ができてしまいました(笑)。
ですので、若返ろうとがんばったところですね(笑)。また、続編ではありますが、前作とはベルナールの環境や状況が違うので、 『天使の涙』という作品のなかのベルナールに照準をあわせる作業が難しかったです。
ベルナールルートを中心に、見どころやお気に入りのシーンをお聞かせください。
見どころというか印象に残っているのは、アクシデントで、ベルナールがアンジェリークを押し倒してしまい、 密着するシーンです。あとは、新キャラクターのカミーユとのやりとりですね。
カミーユはアンジェリークに瓜二つの男の子なのですが、彼は邪気なく「僕たち、双子のきょうだいなんじゃない?」と言い出すんです。
幼い頃からアンジェリークを知るベルナールからすると、いやいや、ちょっと待って? と(苦笑)。
カミーユとの会話は、言い方によっては10代の子ども相手に、30過ぎた大人が何を目くじら立ててるんだ、みたいに聞こえてしまと思ったので、 どういうニュアンスで伝えるべきなのか悩みながらやらせていただきました。
最後に、ファンへメッセージをお願いします。
前作からだいぶ時間は経ちましたが、新作を出して頂けるというのは、ずっと作品を応援してくださっている皆様がいてくださるからだと思います。
長い間、作品やキャラクターを思って頂いている皆さんには感謝の気持ちしかありません。
本作では様々なストーリーが展開しますので、ぜひプレイして、皆さんそれぞれ一押しルートを探して頂ければと思います。

マティアス役楠大典 様

マティアスについて、本作ならではの魅力や演じる上で気をつけたところがあればお聞かせください。
久しぶりにマティアスを演じさせて頂いたのですが、僕は普段、でかくてマッチョなキャラクターしか演じないので(苦笑)、 こんなにすらりとしたキャラクターを僕が演じているというのは、皆さんに受け入れて頂けるのか、心配しながらの収録でした。
ただ、僕はマティアスみたいなキャラクターを演じるのは好きなので、とても楽しみながらやらせて頂きましたね。
とはいえ、アンジェリークを「そなた」と呼んだり、「~のです」といった喋り方は僕自身も普段しませんし、 そういう喋り方をするキャラクターもあまり演じないので、マティアスを演じる上ではそれが大変です。
イベントに出演した時も気を遣いますしね(笑)。だからこそ、こういう喋り方をすることで、 「あぁ、マティアスやってるな」と思います。また、今回は恋愛攻略対象キャラクターになったので、 アンジェリークに対しての接し方がこれまでとは違います。2人の距離が近づいていくところや思いを伝えるところは、 今まで経験がなかったので新鮮さがありましたし、そこはより真剣になりましたね。あと、家で台本を読んだときに感動したので、 それをうまく表現できればいいなと思いながら演じました。
マティアスルートを中心に、見どころやお気に入りのシーンをお聞かせください。
終盤ですね。好感度次第でトゥルーENDが見られるので、ぜひがんばって好感度を上げてほしいです。
そのためにも、まずはルネルートを攻略してください(笑)。
最後に、ファンへメッセージをお願いします。
数年ぶりに『ネオ アンジェリーク』の収録をしましたが、すごく楽しかったです。
長い間、お待ち頂いた皆さんにも楽しんで頂けたらいいなと思いながらがんばりました。
きっと、皆さんも「楽しかった」と言ってくださると思います。もし、おもしろかったり楽しかったりしたら、 SNSで「楽しかった!」とぜひ発信してください。また皆で『ネオ アンジェリーク』の世界を共有したいなと思っているので……。
発売までもう少しお待ちください。

エレンフリート役入野自由 様

本作ならではの魅力や演じる上で気をつけたところがあればお聞かせください。
エレンフリートはツンデレで、特にレインに対しては敵対心むき出しだったり、少し見下していたりするところがありました。
そんな彼も、前作でいろいろなものを一緒に乗り越えてきた仲間とのきずなや信頼感が強まっているからか、ベースとしては丸くなった感じがします。
前は自分が子どもなのに子どもだと認識しておらず、ツンツンしていましたからね。素直さが備わりましたし、 そのあたりが今回のエレンフリートの魅力だと思います。
エレンフリートルートを中心に、見どころやお気に入りのシーンをお聞かせください。
攻略対象キャラクターになり、恋愛パートがあるところです。前は主人公に自分の気持ちを伝えるということがなかったですから。
ちなみに、エンディングはいかにもエレンフリートらしい感じになっています。純愛というか青春というか……16歳の少年の恋を感じてほしいですね。
とにかくかわいいので、ぜひプレイして頂いて、エンディングにたどり着いてほしいなと思います。
最後に、ファンへメッセージをお願いします。
『ネオ アンジェリーク』発売から10周年を迎え、記念すべき年に新作が発売されること、そこにエレンフリートが攻略対象キャラクターとして登場すること、 どちらもうれしく思っています。この作品はキャストが素敵な方ばかりで、仲もよく、アニメのアフレコやイベントが楽しかったというのを今でも覚えています。
大好きなメンバーでやっていた作品なので、改めてエレンフリートを演じられてうれしかったです。個人的には恥ずかしいですが、 前作と比較してみると“こんなに違うんだな……”というのを感じてもらえるのかなと思います。それもひとつの楽しみだと思います。
前作ともども、ぜひ新作もプレイしてみてください。

ロシュ役木村良平 様

ロシュについて、本作ならではの魅力や演じる上で気をつけたところがあればお聞かせください。
前作から2年経っていますが、いい意味でロシュは成長していません。今回かなり大人になっていたら、それはそれでどう演じようかなと思っていたのですが(苦笑)、 意外と変わっていないので、全編通して、青臭さが出ている感じがします。ロシュは特殊な能力があるわけではないので、彼ができることは限られています。
その中で泥にまみれてがんばっているところが魅力なのかなと。今回、作中で起こる事件についても、できるだろうと思ったことが、 うまくいかずにアンジェリークを傷つけてしまったり。それでも諦めない、ロシュはそんな一生懸命なやつで、必死にあがいているので、 その様子を見守っていただけたらうれしいです。“かわいいな、こいつ~”くらいの度量で見守ってほしいですね。
ロシュルートを中心に、見どころやお気に入りのシーンをお聞かせください。
ロシュは乙女ゲームの理想的な男性ではないと思います。泥臭くて、結果を出せることも多くない、やれることが少ないです。

それでも自分が求めるものがあるから、いろいろなものとの折り合いがうまくつけられない中でもがんばっている。
そんな、まっすぐなところやがんばっている姿に共感してもらえたら、彼は救われるのかなと思います。
かっこいいキャラクターはたくさんいますが、ロシュのようなタイプはあまりいないと思うので、寄り添って頂けたらうれしいです。
最後に、ファンへメッセージをお願いします。
10年の時を経て続編の発売が決まった『ネオ アンジェリーク』。ついにロシュは攻略対象になることができました。
もう叶わぬことだと思っていたのでうれしいです。これはすべて、作品を忘れずに応援して下さるみなさんのおかげです。
『ネオ アンジェリーク』は、僕が声優として人前に出るようになった頃からの付き合いで、大変お世話になった作品です。
『天使の涙』で、改めてロシュを演じることができて、すごく幸せです。