トップへ戻る


comment こんにちは。このたび主題歌およびBGMの作曲を担当させていただきます「love solfege」松本慎一郎です。
普段はBGMを担当させていただくときは「マッツミュージックスタジオ」としてお受けしてるんですが、今回はじめて「love solfege」名義として、BGMを制作することになり、 よりいっそう「love solfege」のブランド性を強く出して、しっかりと
100%の力を出し切ることが大事だと思いました。
ところが仕様書を見たところ、100%の力では足りないようです。
制作序盤から、既にいままで10年以上携わってきたBGM制作で一番難しく困難の連続のプロジェクトになっております。
その分、期待していただければと思っております。宜しくお願いします!

「love solfege」公式サイト

オープニングテーマ まどろみの蕾

歌:love solfege feat.真理絵
作詞:紺野比奈子
作編曲:松本慎一郎
comment真理絵

こんにちは!
この度「まどろみの蕾」を歌わせて頂いた真理絵です。
松本さんの曲はパッと聴き難しそうで歌ってみても難しいですが、 メロディーラインがすぐ体に染みこんできて、とても心地よくいつまでも頭でループされます。
今回は初のフランス語にも挑戦しましたがいかがでしょうか?
作品とリンクさせて沢山聴いて貰えたら嬉しいです♪
comment松本慎一郎
紆余曲折の末、生み出された大変ドラマティックな曲である。
しかし極めて理性的に秘めたるポテンシャルを爆発させることなく曲が展開されてゆくのである。
とてもストイックであり、同時に情熱的なものを持っていて、興味深い。
導入部と主要部はまったく違う性質を持つ2つの相対するモチーフがどのようにお互いの存在を許しあい、 共存しているか、その橋渡しを真理絵さんの歌によって実現しているのである。

挿入歌 l'entracteラントラクト

歌:love solfege feat.綾野えいり
作詞:紺野比奈子
訳詞:Sebastien Jarry
作編曲:松本慎一郎
comment綾野えいり

挿入歌の歌唱も担当させていただきました。
合唱曲のような、ハーモニーを楽しんでいただける一曲となっております。
最初から最後までフランス語なので、そちらも楽しんでいただけるかなと。
小さな子供にお話を聞かせるように、優しい気持ちを込めて歌わせていただいた一曲です。
comment松本慎一郎
アカペラの曲はいままでも作曲したことはあれど、フランス語先行、歌の形式になっていない詞から、且つ仕様を満たすとなると、 音楽性かゲームとのマッチングかのどちらかが犠牲になるのではと心配した。
しかし、複数のバージョンを制作し、その制約内での最大限の音楽性を出すことにより、クリアできたと考えている。
これらはそれぞれ断面図であり、ひとつひとつは必要なピースである。
しかし、いつか完成体も聴いていただきたいと思っている。

エンディングテーマ moi-mêmeモアメーム

歌:love solfege feat.綾野えいり
作詞:紺野比奈子
訳詞:Sebastien Jarry
作編曲:松本慎一郎
comment綾野えいり

悲しさの中に優しさが込み上げるハープの前奏から始まり、とても優しい気持ちで歌い始めることができました。
サビでは激しいメロディーにフランス語を乗せて歌っています。
メロディーの早さに口が回らなくて苦労した部分も(笑)
「moi meme」は「私自身」という意味を持っています。
ゲームがEDを迎えたとき、「私」の気持ちとシンクロさせて聴いていただけたらなと思います。
comment松本慎一郎
静寂の中にも強い意志が感じられ、OP「まどろみの蕾」とはまた違った強さとしなやかさである。
「サビ」と言われる主要部は感動的であるけれども、敢えて音域を下げ、「聴き栄え」のしない、色で言えば彩度を落とした音符を配置したが、これは意図的である。
意図を探っていただきたいし、答えを見つけていただきたい。音楽ですら表現できない隠れた美しさは、あらゆるものの彩度を上げるものになり得るだろう。
Now loading...