ストーリー

DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION

主人公・小森ユイはごく普通の高校生。
ただ小さい頃から少し周りで変わったことが起きるだけ。


高校二年生になったとき、父の転勤のため神無町という街の学校に転校することになる。
転校先は「嶺帝学院高校」という、芸能人やセレブの為の夜間学校。
その一見華やかにみえる裏で、不吉な噂が絶えず囁かれている学校だった。

いわくつきの噂の中には「ヴァンパイアに襲われた生徒がいる」というものも……。

そして、居候先である父の親戚の逆巻家は、
街でも噂の最悪な六人兄弟が住む『オバケ屋敷』と呼ばれる場所で――。

突然、性格最悪なイケメン六人兄弟と同居することになった主人公。
しかも彼らはただの人間ではなく…………。

──何かに引き寄せられるような小さな期待を感じながら、
不安と恐怖の新しい生活が始まろうとしていた。


DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD LIMITED V EDITION

主人公・小森ユイと逆巻家の兄弟達は様々なトラブルを抱えながらも、
なんとか無事に生活を送っていた。

アヤト、カナト、ライト、シュウ、レイジ、スバルは
各々日々の学園生活を送っていたが、
或る月夜、逆巻家の屋敷の前に現れたヴァンパイア四人兄弟。
彼らはアヤト達が通う学校に転校してきた「謎の転校生」――。

無神ルキ、コウ、ユーマ、アズサ、
一体、彼らの正体は───。

逆巻家を上回る魔力を持つヴァンパイアの一族だという「無神家」───。
「逆巻家」に復讐するというその目的とは。

今、ユイを巡って新しいヴァンパイア達の争いが始まる